乾燥肌にオイルクレンジングは良くないの?

オイルクレンジングは皮脂をとりすぎてしまう

オイルクレンジングが肌に負担をかけてしまうという説が話題になっています。

 

実際オイルタイプは洗浄力が強く、肌にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうといわれています。

 

そもそもオイルクレンジングというのは主成分が「油」と「界面活性剤」です。

 

界面活性剤というのはもともと混ざることのない水分と油分を混ぜるため働きをします。

 

肌は皮脂に覆われていますから普通の水では肌に浸透していくことができません。
そこで界面作用を利用し、皮脂を無理やり溶かしているというわけです。

 

この界面活性剤が含まれていないクレンジングも最近出ていますが、こちらは油が肌に残ってしまう可能性がありW洗顔が必要になります。

 

肌にとって洗いすぎというのはかえって肌を傷つけてしまう原因となるので注意が必要です。

 

特にクレンジング後のつっぱりが気になるという人は一度使うクレンジングを見直してみることをおすすめします。

 

乾燥肌、敏感肌にオイルタイプはおすすめしません

特に敏感肌や乾燥肌の人は皮脂のとりすぎは余計に乾燥したりと肌のトラブルを引き起こす原因となります。

 

肌にはセラミドや皮脂膜など肌をバリアしている機能がたくさん備わっています。

 

洗浄力が強いクレンジングはそんな肌に大切な成分まで取り除いてしまう危険性があります。

メイクを落としきれないと大変なことに

肌を傷つけたくないからといって洗浄力の弱いクレンジングを使うとファンデーションやチークなどが落としきれずそのまま毛穴汚れへと進化してしまいます。

 

これらが毛穴のぽつぽつや鼻のつぶつぶの原因となっていきます。

 

そうなってしまうと他の肌トラブルに悩むことになります。

 

オイルタイプは上手に使うことが大切

やっぱりオイルタイプが一番しっくりくるという人や、メイク汚れをしっかり落としたいという人には上手にクレンジングでも肌への負担をかけずに上手に使いこなすことは可能です。

  1. 部位によってクレンジングを変える
  2.  

    一番おすすめの方法は、メイクを落としたい場所によってクレンジングのタイプを変えるということです。

     

    例えば、目の周りのアイメイクをしっかり落としてその他の部分は肌に負担をかけたくないという人は

     

    • 目の周り→オイルタイプやシートタイプ
    • その他→ジェル、ミルクタイプなど

     

    といったように使い分けをするといいと思います。

     

     

  3. 短い時間でサッと洗い流す
  4. 肌に負担をかけないためにも長い時間をかけずにメイクオフすることが大切です。
    マッサージするようにクルクルと30秒以内で終わらせることを目標にサッと洗い流しましょう。

上手な使い方をすることが大切

場所によってクレンジングを変えたり、肌質やトラブル、状態によって使い分けていくことが一番大切です。

 

自分の肌のことは誰よりも自分が一番知っているし、肌を守れるのも自分自身です。

 

いろいろなクレンジングや方法を試して自分に一番合ったタイプを見つけていきましょう。

総合ランキング

関連記事

リキッドファンデーションはどのタイプのクレンジングを使うべき?
リキッドファンデーションは毛穴の奥まで入り込みやすくクレンジングでしっかり落とさないと汚れが残ってしまいます。メイクを落とすときは洗浄力の高いクレンジングを使うようにしましょう。
W洗顔って本当に不要なの?

トップページ 年代別人気 悩みから選ぶ タイプ別に探す