クレンジング 脂性肌(オイリー肌)

脂性肌におすすめのクレンジングは?

脂性肌にもTゾーンだけテカる、顎などのUゾーンが脂っぽくなるなど人によって症状はさまざまです。

 

症状がそれぞれ違うため、クレンジング選びに迷ってしまう人が多いようです。

 

ここでは、オイリー肌の人にはどんなクレンジングを使うのが良いのか解説していきたいと思います。

 

なぜオイリー肌になってしまうの?

本来顔の皮膚は外部からの刺激から守るために一定の量の皮脂に覆われているのものですが、脂性肌の人はなんらかの理由で皮脂が過剰に分泌されてしまっているのです。
原因は人それぞれで、例えばファストフードやお菓子などの油っこい食事をとることも原因のひとつになります。

 

さらに最近増えているのが乾燥が原因で皮脂が過剰に分泌されてしまうインナードライ肌タイプの人です。
これは肌の内部が水分不足で「もっと皮脂でカバーしないと!」と肌が判断して皮脂をたくさん分泌させてしまう肌の状態のことです。

 

つまり、肌の表面はオイリーなのにその原因は潤い不足の乾燥にあるということです。

 

脂性肌にはどのタイプのクレンジングがいい?

オイリー肌の人はついつい顔の脂が気になるから…といって、メークや皮脂が落ちやすいオイルクレンジングを使いがちです。
しかし、オイルタイプはクレンジングの中でももっとも洗浄力が強く、肌への負担が大きいのです。

 

そうなると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまう可能性があります。

 

皮脂は油膜のように肌を覆い、外からの刺激をバリアするはたらきがあります。
この皮脂まで落としてしまうことで乾燥を招き、肌がさらに皮脂を過剰に分泌させてしまい、オイリー肌を悪化させます。

肌質別おすすめタイプ表

 

脂性肌の人には、ジェルタイプのクレンジングをおすすめです。

 

ミルクやクリームタイプはどうしてもヌルヌル感が残ってしまうためオイリーな肌には向きません。

 

メイクが濃い、マツエクをしている人はきちんとメークを落とす方を優先してリキッドクレンジングを使うことをおすすめします。

人気のジェルクレンジング

 

マナラ ホットクレンジング

マナラ/ホットクレンジング

おすすめポイント
  • 91.4%の美容液成分配合
  • W洗顔不要!
  • 毛穴汚れもスッキリ

2014年女性誌掲載多数で人気急上昇中!肌に大切な成分を落とさずにメークはよく落ちるところが
さらに毛穴汚れにも嬉しい温感ゲル。W洗顔不要だから皮脂をとりすぎの原因にもなる洗いすぎを防ぎます。

 

着色料、香料、鉱物油、パラベンなど不使用の無添加。

価格 容量 評価
4,104円(税込)→初回限定2,990円 200g(2ヶ月分) クレンジング,脂性肌,おすすめ,オイリー

 

マナラホットクレンジングゲル


トップページ 年代別人気 悩みから選ぶ タイプ別に探す